【2019年最新】ニートから就職しやすい職種、おすすめの仕事を徹底解説!

ニートから就職しやすい職種-ニートにおすすめの仕事を徹底紹介
最終更新3/24 このページではニートから就職しやすい職種、おすすめの仕事を紹介。就活を考えているならぜひ読んでみるのじゃぞ!

 

ペリカン戦士
ペリカン戦士

オッス、ペリカン戦士だ。

 

「そろそろニートを脱出して働きたいけど目指したい職種が分からない」

「どうせ働くなら正社員を目指したい」

上記のような悩みを持っている者も多いじゃろう。

今日はそんな迷える子羊ちゃんたちにワシが厳選した情報をおとどけするぞ!

うまい棒でも食べながらリラックスして目を通してくれると嬉しい。

 

ニートから就職しやすい職種、おすすめの仕事

「ニートからでも就職しやすい職種って地雷じゃね?」

そう思った者もおるじゃろう。

まず、そんな不安を解消してゆくぞ。

ニートからでも就職しやすい職種は以下の条件に当てはまるものが多い。

  • 需要に反して労働者の数が足りていない
  • 経験よりもセンスが重要
  • 世間的にマイナーな職種

 

というかほぼ確実に上記のどれかじゃろう。

ニートから正社員を目指しやすい詳しい職種については以下を参照にするのじゃぞ。

 

労働者の数が足りていない仕事

ITエンジニア(インフラ)
営業
介護
警備員
工場労働

経験よりもセンスな仕事

Webデザイナー

マイナーな仕事

タクシードライバー
配達

ワシがニートを脱出して就職したのは上記にも書いてある”ITエンジニア“だった。

これから1つずつ詳しく解説してゆくぞ!

 

ITエンジニア(インフラ系)

ITエンジニアは未経験ニートでも就職できる

ITエンジニアの需要はものすごい。とにかくすごいのじゃ。

生活に欠かせないATMやクレジットカードを利用できるのも全てITエンジニアのおかげなのだ。

給料や待遇もなかなか良いために労働者の数もかなり多いが、それでも需要に間に合っておらん。

そのため20代の未経験者、外国人などを積極的に正社員として受け入れてくれる職種だと言える。

数は減るが30代未経験でも受け入れてくれる企業はある

 

これから詳しく解説するが、ITエンジニアは主に開発系(プログラマー)・インフラ系の2種類に分かれておる。

インフラ系
システムの運用保守がメイン
プログラミングスキル無くてOK
残業少ない

開発系(プログラマー)
プログラミングスキル必須
新卒じゃないと求人少ない
残業多い

開発系に就職する人間は大学・専門学校でプログラミングを学んだ者がほとんどなのじゃ。

そんなわけでニートが狙うならばインフラ系が狙い目じゃぞ!

 

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの仕事は大きく分けて2種類。

  • プログラマー(PG)
  • システムエンジニア(SE)orインフラエンジニア

ここではとりあえず、システムエンジニア=インフラエンジニアだと思ってもらえればOKじゃ。

 

プログラマー(PG)とは

プログラマーの仕事はプログラミングでアプリやシステムを作ること。

多くの者が思うITエンジニアはこのプログラマーかもしれぬな。

プログラマーの特徴は以下じゃ。

  • 残業が多い
  • 未経験から目指すのはハードルが高い

 

残業が多い

プログラマーの仕事は新しいアプリやシステムなどを開発すること。

開発する物には納期があるため、間に合わないようであれば残業地獄となる。

職場環境にもよるが残業なしで間に合うパターンはほぼない。

 

未経験から目指すのはハードルが高い

プログラマーとして働くためにはプログラミングスキルが必須。

そのため未経験から目指すのはかなりハードルが高い。

いずれプログラマーになりたいならば、開発とインフラ両方の業務をしている企業に入るorインフラ系で働いて経験を積んでから転職するのが良いじゃろう。

 

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアの仕事はシステムの提案・設計書の作成・テスト・システムの運用保守。

上記の説明だと分かりづらいかもしれんから、お客さんとの相談係・障害が起きないように見守る人だと思ってもらえればよいじゃろう。

ちなみに障害が起きないように見守る業務がシステムの運用保守。

システムの運用保守=インフラだと思えばよいじゃろう。

システムエンジニアの特徴は以下。

  • プログラマーほど残業が多くない
  • 未経験からでも働きやすい

 

プログラマーほど残業が多くない

システムエンジニアの主な仕事はエラーや障害が起きないように見守ること。

そのためプログラマーのように仕事に納期がない(基本的には)。

そんなわけでプログラマーよりも残業が少ない。

 

未経験からでも働きやすい

システムエンジニアの仕事はアプリやシステムを作るわけではないため、プログラミングのスキルが必須ではない。

そして未経験の者がすぐにお客との相談係をさせられることもない。

新人は基本的に運用保守の仕事を任されるから未経験でも働きやすい。

 

システムエンジニア(SE)とインフラエンジニアの違い

システムエンジニアとインフラエンジニアは同じ物だと思ってOKじゃ。

強いて言うならば、システムエンジニアという職種の内部にインフラエンジニアがあるというのが正解じゃな。

先ほども言ったが、システムエンジニアの仕事内容は、システム提案・設計書の作成・テスト・システムの運用保守。

上記のシステムの運用保守の業務をメインで行う者=インフラエンジニアぐらいに思っておけば良いぞ。

 

ニートにおすすめなのはシステムエンジニア

ワシがニートにおすすめするのはシステムエンジニア。

もちろん未経験からプログラマーを目指すのは難しいという理由もあるが、

  • 未経験からでも問題なく働ける
  • 業界的に給料も良い
  • 幅広い知識を学べる

 

上記のようにシステムエンジニアで働くメリットはかなり多い。

いずれプログラマーで働きたいたいと考えている者も、システムエンジニアとして経験を積むことが無駄になることはないじゃろう。

 

未経験ニートからITエンジニアに就職する方法

未経験ニートからITエンジニアを目指すならば、エージェントの力を借りるのが得策じゃろう。

未経験者を募集している企業を探すのが楽ということももちろんあるが、ブラック企業を避けるフィルターとしてエージェントを利用すべきなのじゃ。

 

IT業界は近年ホワイト化が進んできているが、少なからずブラック企業はいまだ存在している。

そんなわけで、ネットや求人情報誌で調べて個人で就活をするのはなかなかにハイリスクなわけじゃな。

ニートからITエンジニアを目指すなら就職Shopに無料登録するワークポートDYM就職あたりの就職エージェントで探すのがおすすめじゃ。ちなみにワシの推しは就職Shop。

 

営業

ニートと営業職の相性、向いてる人の特徴も紹介

営業の仕事も積極的に未経験者を正社員として雇っている職種の1つじゃ。

その理由としては、営業の仕事が合わないために辞めてしまう人が多いからじゃな。

仕事柄しかたないが、営業先で冷たい対応をもらうことも間違いなくある。

じゃが下記に当てはまる者にとっては天職かもしれん。


  • 人と会話するのが好き
  • いろいろな人と話してみたい
  • 怒られても気にしない

営業の仕事はさまざまな人間と会話する機会がある。

自分が知らない世界の話を聞けるなどの楽しみはあるじゃろう。

怒られても「ほえ?」ぐらいの強いメンタルを持つ者にはバリおすすめじゃぞ!

 

営業職はニートからでも正社員として就職しやすい

うさぎ
うさぎ

営業職はニートからでも就職しやすいって聞いたけど本当なのかな?

そんな噂を耳にしたことがある者もおるじゃろう。

結論から言うと営業職はニートからでも就職しやすい

それも正社員としてな。

理由としては主に以下の4つじゃろう。

  • 営業の知識は働きながら学べる
  • どこの企業も営業の人数が足りてない
  • 人気があまりない
  • 辞めてしまう人が多い

 

営業の知識は働きながら学べる

営業として働くために必要な知識はビジネスマナーなど短時間で学べるものが多い。

詳しい知識については働きながら学んでいけば良いため、未経験からでも働きやすい。

 

どこの企業も営業の人数が足りてない

どの業界でも営業という職種は必須。

需要で言うならば全職種の中でダントツ1位じゃろう。

需要に反して労働人数が足りていないというのがほとんどの企業の現状なのじゃ。

 

人気があまりない

営業として働く者が少ない理由の1つ、それは人気があまりないということ。

自分が就活をすることを考えてもらえれば分かるが、幅広い職種の中からわざわざ営業を選ぶ人間はかなり少ないからじゃな。

 

辞めてしまう人が多い

営業職は辞めてしまう人が多い。

そのため多くの企業は新しい人材を常に求めてるわけじゃな。

ここまで読んで「営業の仕事って辛そう、他の職種を探そう。」と思った者がほとんどじゃろう。

後ほど、営業職が向いてる人の特徴の項目では営業職の良い面も紹介しておるぞ!

 

営業職の仕事の種類

「営業職の仕事の種類ってどのくらいあるんだろう?」

営業職の主な仕事内容は以下の4つ。

  • 電話・訪問で顧客探し
  • 顧客を接待
  • クレーム・トラブルの対応
  • その他(業界ごとに違う)

 

電話・訪問で顧客探し

多くの者が営業の仕事と聞いて想像するのがこれじゃろう。

営業のメインの仕事は新規顧客を探すために電話や直接訪問で営業活動をすること。

ほとんどの場合は直接訪問=飛び込み営業だと思えば良いじゃろう。

 

顧客を接待

顧客と良い関係性を維持するための活動も営業の仕事。

内容としては顧客との飲み会、接待ゴルフなどが多いじゃろう。

 

クレーム・トラブルの対応

クレームやトラブルの対応も営業の仕事の1つ。

対応方法は顧客→営業→自社、自社→営業→顧客のように中継を担当することがほとんどじゃろう。

 

その他(業界ごとに違う)

その他、業界ごとに違った業務があるかもしれん。

ワシが働いていたIT業界ではプロジェクトに参加するための面接(顧客と自社社員の)に同席したり、日程調整などもしておった。

 

営業職の仕事の流れ

「営業として入社した後はどんな感じで仕事をするの?」

企業にもよるが、未経験者が入社した場合の仕事の流れは以下のようなパターンが多いじゃろう。

  1. 先輩と一緒に企業に訪問し営業活動
  2. 慣れてきたら単独で営業活動スタート

 

まともな企業であれば、未経験者に「入社おめでとう。今から営業活動してこい、1人でな。」なんてことにはならないから安心してよいぞ。

 

営業職が向いてる人の特徴

営業職に向いてる人の特徴ってどんなだろう?

以下の特徴に当てはまる者は営業の仕事が向いてるかもしれん。

  • 人と会話するのが好き
  • 怒られても気にしない
  • お酒もしくはゴルフが好き

 

人と会話するのが好き

営業の仕事はいろいろな人と会話ができる。

飛び込み営業は冷たい対応をされて心が折れるなどと言われるが、実は優しく出迎えてくれる企業も意外と多いのじゃ。

人と話すのが好きならば営業は転職かもしれんぞ。

 

怒られても気にしない

営業の仕事をするにおいて、これが1番重要じゃろうな。

飛び込み営業をする以上、冷たい対応をされることも絶対にある。

怒られても「ほえ?」ぐらいの強いメンタルを持っている者にはかなり楽しい仕事だと思うぞ。

 

お酒もしくはゴルフが好き

顧客との接待で飲み会やゴルフに行くこともあるじゃろう。

自分も楽しんで参加できるようであれば、接待も苦痛にはならんじゃろう。

 

ニートから営業職を目指すなら

ニートから営業職を目指すなら就職エージェントのJAICDYM就職就職Shopに無料登録するあたりがおすすめじゃ。営業の求人数で言ったら圧倒的にJAIC。

JAICは利用するために高卒以上+18~29歳までという制限アリ。

 

Webデザイナー

webデザイナーはニートと相性が良い仕事

Webデザイナーも未経験から正社員を目指しやすい職種の1つ。

驚きかもしれんが、Webデザインの知識(CSS、HTML)はしっかりと勉強すれば短期間で基礎は覚えられる。

その後に重要なのはデザインに関する感覚。

職歴・経歴よりもセンスが重要視されるためにニートからでも正社員を目指しやすいということじゃな。

センスとか言ってハードルを上げたが、CSSやHTMLの知識がしっかりあれば自分でデザインを生み出すセンスがなくても何とかなるじゃろう。

努力して覚えた知識はもはやセンスなのじゃ!!

 

webデザイナーの仕事はニートと相性が良い

まず言っておきたいのはwebデザイナーの仕事はニートと相性が良い

理由はいろいろあるが、webデザイナーはセンスで仕事をするクリエイティブな仕事じゃからな。

そのため学歴職歴などの経歴よりもセンス重視で雇う企業がほとんどなのじゃ。

そんなわけで、webデザイナーの仕事はニートの弱点である経歴がさほど重視されない

これはニートと相性が良いと言わざるを得ないじゃろう。

 

センス重視と聞いて諦めかけた者も安心してほしい。

最初からオシャレなデザインを作れる人間などいないからな。

webデザイナーの仕事はセンスが大切と言ったが、そのほとんどは勉強の積み重ねなのじゃ。

デザインを作るために必要な知識は本を買って独学でも勉強できる。

興味がある者は、まず試しに本を読んでみるのがよいじゃろう。

 

webデザイナーは職歴なしからでも目指せる

先ほども言ったが、webデザイナーの仕事は経歴がさほど重視されない。

そのため職歴なしのニートでもwebデザイナーを目指すことが可能なのじゃ!

じゃが、少しでも職歴のある者の方が就活の際には有利になるのが正直なところじゃ。

残念だがこれは仕方のないことじゃな。

この問題については今さら修正できるものではないから、やる気アピールなどでカバーするのが良いじゃろう。

 

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーの主な仕事は、企業・個人相手にwebサイトのデザインを作ること。

よく分からん者は、サイト全体のデザインを決めるとでも思えばよいぞ。

サイト全体の色を決める、どこにどのボタンを置くか、ボタンのデザインをどうするか、文章中の見出しのデザインを決める、などなど全てがwebデザイナーの仕事の1つじゃ。

ちなみに、いまお主らが見てくれているこのブログもwebサイトなのじゃ!

 

その他、画像作成などもwebデザイナーの仕事の1つじゃないかとワシは思ってる。

先ほど貼っておった下記の画像なんかがそうじゃな。

webデザイナーはニートと相性が良い仕事

じゃがまあこれはワシの考えにすぎん。一般的にはwebサイトのデザインを作るのがwebデザイナーの仕事だと思っておけばよいぞ!

ペリカン戦士
ペリカン戦士

ちなみに上記の画像はワシが自分で作った手作り品じゃ。

 

webデザイナーは自宅勤務やフリーランスで働きやすい

webデザイナーの特徴は自宅勤務やフリーランスで働きやすいということ。

これから1つずつ解説してゆくぞ!

 

自宅勤務で働きやすい理由

webデザインの仕事はPCと最低限のソフトさえあれば自宅でもできる。

そのため自宅勤務を導入している企業も多い。

まだ子供が小さい主婦やひきこもりがちなニートとの相性は良いじゃろう。

 

フリーランスで働きやすい理由

webデザインの仕事は個人からの依頼も多い。

そのためスキルさえあればサイトのデザイン依頼、カスタマイズ依頼などで仕事をすることが可能。

 

ペリカン戦士
ペリカン戦士
特にブロガーはサイトのカスタマイズをwebデザイナーに依頼する者も多い。
フリーランスで働くのを目指すならば、ブログやTwitterなどのSNSで積極的に営業活動するのがおすすめじゃぞ!

 

ニートからwebデザイナーを目指すなら

ニートからwebデザイナーを目指すならば、webデザインの求人を豊富に扱っている就職エージェントを利用するのがおすすめじゃ。

特に経歴に自信のない者は、個人で就活をするよりもエージェントの助けを借りたほうがよいじゃろう。

webデザイナーの求人を豊富に扱っている利用制限のないエージェントとしてはワークポートハタラクティブあたりがおすすめじゃぞ。

 

介護

介護の仕事は現在進行形でめちゃくちゃ需要が高まっている仕事じゃ。

その理由には以下などがある。

  • 日本人の平均寿命が伸びて高齢化が進んでいる
  • 少子化で若者が少ない
  • 介護の仕事を敬遠する人が多い

上記のような理由から未経験者を積極的に正社員として雇ってくれるわけじゃな。

ただし他人のオムツの取替え、入浴手助けなどの仕事もある。

ワシも同居している家族を介護しておるが、かなりきつい仕事だなと感じる。

誰かの役に立ちたいと心から思える者におすすめな職種じゃ!

 

警備員

警備員は未経験OK、高齢でも働きやすい職種じゃ。

むしろベテランよりも未経験の方が歓迎されることが多いとまで言われておる。会社によって警備のやり方、方法が違うからゼロから教えられる未経験の方が良いのかもしれんな。

ワシの知り合いにも警備員として就職した友人がおるが、勤務時間が長いぶん休みが多くて旅行しやすいと言っておった。

もちろんひとことで警備と言っても種類は多くある。朝から夕方までの警備だったり長時間警備だったりさまざまじゃろう。

警備員を目指す際にはどういった警備で勤務体系がどうなっているのかをしっかりチェックすることを忘れてはならぬぞ!

 

工場労働

工場労働も学歴や職歴にかかわらず就職しやすい職種の1つ。

ワシは大学生時代にバイトで工場で働いていたことがある。

工場労働の仕事と聞くと敬遠する者も多いが、やってみると意外と悪くなかったぞ!工場労働の良い点をまとめると下記じゃ!

  • コミュニケーションが少ない
  • 仕事にもよるが覚えやすい

 

コミュニケーションが少ない

工場労働の多くは同じことをもくもくと続ける作業。そのため他の従業員とのコミュニケーションが基本的に少ないのじゃ。

人と接するのが苦手な者とはかなり相性の良い職種だと思うぞ!

 

仕事にもよるが覚えやすい

もちろん工場労働にも種類はあるが、基本的にはワンパターンの覚えやすい作業がほとんどなのじゃ。そんなわけじゃから何かを覚えるのが苦手という者には適職かもしれぬぞ!

 

タクシードライバー

タクシードライバーは60代未経験からでも正社員を目指せる職種じゃ。

注意点としては、タクシードライバーになるためには車の免許を取得してから3年経過してなくてはいけないということじゃな。

条件さえ満たしていれば20代でも問題なく就職することが可能じゃぞ!

タクシードライバーの魅力的な部分は以下。

  • 高齢でも働ける
  • 給料歩合成の会社がほとんど
  • 自分のペースで仕事ができる

 

定年してから運転手を目指す者がほとんどのため年齢制限なし。

給料歩合制なら自分のがんばり次第でどんどん稼げる。

会話が苦手ならお客さんから話しかけられたときだけ対応しとけばOK。

 

車の運転が好きな者にはかなりおすすめな仕事じゃろう。

ちなみに豆知識じゃが、最近は若い女性のあいだでタクシードライバーの仕事が流行っているらしいぞ。

 

配達(エコ配)

配達の仕事も年齢関係なしに正社員を目指しやすい職種じゃ。

ただしトラックドライバーなどの仕事をするためには大型免許を所持している必要がある

そんなわけじゃからここでは、経験・スキル・資格すべて不要で目指せる仕事”エコ配”を紹介するぞ!

 

エコ配公式サイト>>エコ配

めっちゃ簡単に説明するとエコ配は電動自転車で荷物を配達する仕事

詳しい仕事内容については上記に貼った公式サイトを見てみるのじゃぞ。

 

エコ配の仕事の応募条件は以下。

・元気で明るい人、デスクワークよりアウトドアでの業務志向の方

自転車業務 電動アシスト付自転車使用ですので運転免許なくても問題ありません

・軽自動車業務 普通自動車免許保持者 AT限定可能

・年齢は18歳~40歳くらいまで(男女不問、女性も活躍中、新卒入社も可能) ・コミュニケーションのとれる方(お客様への挨拶がしっかりできる)

・運送業界、宅配業界未経験でも可

自動車業務が希望なら運転免許もいらぬぞ!

 

自分と相性の良い職種を探す

自分と相性の良い仕事はぶっちゃけ人それぞれなのじゃ。性格や好きなことによって適職は変わってくるじゃろう。

ちなみになるべく早い段階でキャリアアップにも挑戦したいと考えているならば、経験がある仕事を目指すことをおすすめするぞ!

自分と相性の良い職種が分からずに悩んでいる者は、就職支援を利用してプロに相談をするのが1番の手段じゃろう!

下記の記事で、ワシが本気でおすすめする就職支援を紹介しておる。ぜひ読んでみるのじゃぞ!

仕事をしたいニート必見!就職相談をしてくれるおすすめのエージェント2選
このページではニートの就職相談をしてくれるおすすめのエージェントを2つ紹介。 「ニートを脱出したいけど就活の仕方がわからない。」 「自分に合う仕事を探したい。」 「就職にむけて不安なことを相談したい。」 ...

 

就職に向けて体調を整えよう

ニートを卒業して就職する際には以下の3点に気をつけた方が良いぞ!

  • 生活リズムを整える
  • 外の空気に慣れる
  • 食生活を改善する

 

生活リズムを整える

ニート生活を送っている者は生活リズムがくずれてしまっている者も多いじゃろう。

多くの仕事は朝から夜までのものが多い。夜型生活が身についている場合は少しずつで良いから改善しておいた方が良いぞ!

ワシは就職間近まで「就職したら嫌でも生活リズム治るしエンジョイしたろ」なんて思っていたらかなり痛い目にあった。

仕事デビュー初日にほぼオールで行ったために緊張と眠気で色々と辛かったのじゃ・・・。

 

外の空気に慣れる

引きこもり生活を送っていて外にほとんど出ていないという者は、プレッシャーをやわらげるためにもお散歩やジョギングなどをして外に慣れておいた方が良いじゃろう。

なるべく人と会いたくないと考えているのであれば、まずは朝方などに実行するのがおすすめじゃ。外の雰囲気に慣れてきたら少しずつ人がいる時間帯に出かけるようにすると良いぞ!

ワシは散歩派じゃが、ジョギングなら体力もついて一石二鳥じゃぞ!

 

食生活を改善する

ニートを脱出するのに食生活は関係ないと思っている者もいるじゃろう。

しかしそうとは言い切れぬのじゃ!

ジャンクフードや肉だけを食べる偏った食生活を続けていると肥満や肌荒れだけではなく、情緒不安定や体臭にまで影響が出ると言われておる。

体臭もだいぶ気になるところじゃが、やはり心が安定しない情緒不安定はかなり就職に影響が出るじゃろうて。

そんなわけじゃから、食生活の乱れは百害あって一利なしじゃぞ!

 

ペリカン戦士
ペリカン戦士

記事の内容はここまでじゃ。

焦らなくても自分のペースで良い。

自分に合った仕事を探すのじゃぞ!